のんちゃん、スキ?キライ?

~VALEママのスキ・キライを見つめなおすブログ~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉、スキ





「ダーリンに青森の良さを伝えるツアー」のハズが

「実はアタシ、初めてなのツアー」になってきたぞ



酸ヶ湯温泉はちょっとやそっとの温泉じゃないですよ。

温泉好きなら一度は入ってみたいと思うのではないでしょうかー

国民保養温泉地第一号として認定された湯治温泉場、「酸ヶ湯温泉」

名前の通り、酸性硫黄泉でph1.76・・・・・強酸




名物は「千人風呂」





混浴デスっっっ。






青森に住んでた頃からもちろん混浴と知っていたんだけど、なかなか入る機会はナイ。


「よっしゃ。ここらで1回、記念に入ってみるか



っと気合を入れて行ってきましたファ━(`・ω・´)━イトォ



P1040414_20110607171516.jpg

青森市内から30キロくらいしか離れてないのにこの景色

このあたりの山から見る夜景は陸奥湾も見れてすごくキレイなんです。。。



P1040466.jpg

1時間もかからず到着デス。


P1040452.jpg

おぉ~。硫黄のニオイがすごい~


P1040451.jpg


P1040460.jpg


P1040458.jpg

とぉーーーっても歴史を感じる建物。

一般宿泊以外にも湯治用宿泊棟(自炊ができる)があって、スキーシーズンは満室のようです。


P1040456.jpg

いざ、入湯~


sen.jpg

中はこんな感じで一応仕切られてて

HPでは↑の図だったけど赤い線あたりまで延長されてました。



アタシ、の位置から動けず・・・



じーちゃん、ばーちゃんしかいないと思ったら

いるわいるわ、好奇な目で見る♂達。。。


でも湯煙はすごいし、お湯も濁ってて入っちゃえば全然平気です。




仕切りの隙間からガン見な♂

自慢したいのでしょうか?プラプラ女湯近くを歩く♂


あまりにも皆♂女湯方面に身体を向けてるもんだから(湯滝・四分六分の湯ともに)

ダーリンを探せない・・・・


「熱の湯」にも入れず満喫できず。。。┏(-_-|||)┓うぅぅ。。。不満。




なんかマナーが悪い客が多いと聞いてはいましたがこんなにもとは。

でも湯あみ着もあるし、堂々と入ってらっしゃる方もいます

次は女性専用の時間にのんびりと満喫したいなぁ。


肝心なお湯ですが「最高」です。

千人風呂って言われてるけどそんなにも入らないようなー・・・(^^;;;

でも体育館みたいに広かった~



P1040464.jpg

お風呂の後は伝統の味50年!名物「筍しょうが味噌おでん」¥300

ほたて入りのつくねと根曲筍がウマウマ



何はともあれ、貴重な体験ですた。。。(・ω・`)ゞ






八甲田山バックのヴァレさん、久々の雪体験

P1040478.jpg

ヴァレ:「青森の風は気持ちいなぁ。。。。。」


スポンサーサイト
絶景、スキ。





八甲田ロープウェーのチケッツ、ゲットォーーーo(≧∇≦)o

青森酒宴でご一緒のIちゃんご夫婦より頂き物

ありがとぉ~~~ヾ(*´・∀・`*)ノ



冬、春のスキーや樹氷見物はもちろん、
ゴンドラ(101人乗)に乗り10分で到着する田茂萢岳(たもやちだけ)山頂駅からは、八甲田の山なみだけでなく、
陸奥湾、津軽・下北両半島や津軽平野そして岩木山と360度のパノラマが楽しめます。
特に初夏の新緑と秋の紅葉は見逃せません。            
                                               HPより



アタシ、お初です
ロープウェー乗り場前はよく通ってたんだけど、スキーもやらないから行く機会もないしねぇ。

天気の悪いGW中のわずかな晴れ間、3日に行きました




八甲田は5月中旬までスキーが出来るのでスキー客でうじゃうじゃ。



ダーリン:「も・・・もしや観光はうちらだけ??どうする!?やめる??」

アタシ:「でも結構並んじゃってるし、今から引き返すのも。。。」

「あ、あいつら場違いだって気づいて帰ってったぜ(o¬ω¬o)ケケケ」

「・・・って思われるのもしゃくにさわるわっ(○`ε´○)ブー」


ダーリン:「誰もそんな事思ってないよぉ~(;´д`)」


・・・とコソコソしてたら前の方に観光らしき軽装ファミリーを発見・・・ホッ



P1040415.jpg

山頂、到着さむ~い


P1040423.jpg

スキー客が山の中へ消えていく・・・


P1040419.jpg

map_ground.jpg

樹氷の間を皆さん滑っていくのですね。。。
滑れたらどんなに楽しいんだろう。。。(・ω・`)←滑れない人。


P1040416.jpg

八甲田ゴードライン(30分コース・60分コース)というトレッキングコースもあるのね
知らなかった楽しそう



P1040432.jpg

無料で貸し出ししてる長靴を履いてテクテク。。。気持ちいいぃ


帰りのゴンドラはスキー客が乗ってないから(当たり前か)空き空き

P1040443.jpg

上り・下りと同時出発でちょうど真ん中ですれ違うんだってぇ。

続々とスキー客が乗ってますわ。




秋にはこんなですよっ。HPより拝借。

八甲田

絵みたいー



HPでは「動画で見る八甲田の四季」「動画で見る空中散歩」も観れます


http://www.hakkoda-ropeway.jp/index.php


青森の自然の素晴らしさを感じてくだされっ





焼肉、スキスキ。




二日酔いの次の日に焼肉・・・という異常な胃のアタシ達。。。

弟が大絶賛の焼肉屋、青森市にある「新世界」に行ってきました。

予約をして入店したけど18時の時点で満席
青森市の焼肉屋の中では大繁盛店らしい。




おぉ。


110502_185951.jpg

塩タン(1200円) いい色してんね~


キレイに処理されてて厚みもちょうどいい

ぶ厚けりゃいいってもんじゃないからね




110502_192603.jpg

カウンターに通されたので店長らしきお兄さんにオススメのホルモンをいろいろ頂きました。

ホルモンは価格も400円前後でお手頃


弟は
「黒毛和牛の三角バラがやべぇっ!食ってみっ!!」


と豪語してたけど、う~ん・・・・・・・・



まぁ。確かに美味しかったけど、1850円だから・・・「普通」かな。

これが青森の「倉石牛」だったら価格は大満足なんだけど



それよりもアタシは冷麺が超好み

110502_194459.jpg

注文毎に手打ちする麺がホントに美味しい!!!

冗談抜きで今まで食べた中で一番スキ
東京でもなかなか出会えない冷麺

細麺でコシがあってちゅるちゅるぅ~
お酢たぷ~りで頂きまちた



そういえば、地元人(しかも常連)が多かった!

青森で繁盛するわけだ~


今回はブランド牛のメニューがなかったようなのでちょっと残念。

次はせっかくなので青森ブランドのお肉が食べれるといいな~




青森新名所、ガンバレ!




おもいっきり観光客ぶって青森駅の近くに出来た新名所へ。


青森市文化観光交流施設 ねぶたの家 ワ・ラッセ

110501.jpg

なんだかとってもアートな外観。


110501_153621.jpg

エントランス。


110501_153936.jpg

お土産コーナーにはこんな物も。


110501_153924.jpg


時間がなかった為ここでパチリ「ねぶたミュージアム」は有料です。
大型ねぶたも何台か展示してるようです。


館内の造りがとてもいい!灯りが栄えますね

ここのカフェの中に「生姜味噌ソフトクリーム」なるものが。。。
生姜味噌とは、青森でおでんに添えるお味噌なのです。。。

うーーーん。気になる。

次帰ったら食べよう。。。




ワ・ラッセのすぐ隣には

これまたオシャレな外観の「A-FACTORY」

AF

キレイな写真だったのでHPより拝借 m(__)m
駅の目の前で、青森ベイブリッジ(橋長は1219m)が背景でステキじゃな~い?


「シードル工房と地元のさまざまな食材が楽しめるマルシェの複合施設」HPより。


マルシェ。。。

マルシェ。。。。。。


かっこよく言ってますが「市場」です。。。


でも中は吹き抜けでシードル工房とレストランがとーーーーーーってもオシャレなので「マルシェ」でよしとしよう。


110501_154608.jpg

ここで造られてるシールドスイート・スタンダード共に美味しいよ~



すし処三國でご飯を食べた後だったから

ステキなお土産品達が残念な事にあんまり魅力的に見えず後悔。。。


中のレストランも青森では有名なお店が入ってて

青森にはこういうオシャレなお店が少ないから駅近が活気づいていいじゃな~い





夜は小学生からのお友達一家と楽しい酒宴

初青森のダーリンの為に青森らしいお店をセレクトしてくれました

110501_175713.jpg

ねぶたがお出迎え。入口ではドドドーンとねぶた太鼓も。
個室もあって店内は風情たっぷり


110501_191056.jpg

何枚か写真撮ってたけど、酔ってたのかほぼピンボケ
このメニューでスイッチが入ったアタシ

お友達のダンナさんと美味しい日本酒をたっぷりいただきました~

いろいろおまけしてくれた若い店員君、ありがとうっ

・・・おかげで財布を忘れて取りに行く始末。。。Σ( ̄皿 ̄;;やっちまった。。。



ここ1軒で、青森県。

というネーミング通り。青森郷土料理がいろいろいただけます



津軽じょっぱり漁屋酒場

青森県青森市本町2-5-14
017-722-3443
17:00~0:00
金、土、祭日前日は深夜2時まで営業
年中無休
72席 (カウンター14席、1F個室4席、2席、2階座敷25席、個室2席、3階個室10席、8席、6席)
http://www.dreamlink.co.jp/isariya-tugaru/



Iちゃん、ホントに楽しい夜をありがとう~


お寿司。。。ってゆーか雲丹丼がスキ。




青森駅前の複合施設「アウガ」


map.jpg

「アウガ」で「会うが~」というダジャレは有名


地上はファッション、書籍、眼科やエステ。はたまた市民図書館が入った複合施設
地下はなんと市場なんです。

「津軽のネクタイ」と言われる「ほっかぶり」をしたお年寄りと若い女の子が入り乱れる・・・

なんとも不思議な場所



この地下の市場の中にある「すし処三國」

市場は朝5時半から開いてるから夜行バスで帰省した時の朝ご飯は

ここの「雲丹丼」~
10時間の監禁バスに耐えた、自分へのご褒美といった所



市場の中なので客あしらいはあまりよろしくないですが旨けりゃOKって事で!

いつでも気軽に安く美味しいお寿司がいただけます



マグロ好きのダーリンもテンション

青森といえばやっぱり「マグロ」ってイメージ???



せっかくなので大大大奮発して「本鮪大トロ丼¥2,700-」を注文

110501_145934.jpg

切り口はちょっと雑ですが、ぶ厚くて、なんたってトロトロです。
もう、これ東京で食べるといくらすんのよっってくらいウマイです



アタシはいつもの「雲丹丼¥2,000-」価格は日によって多少変動します。

110501_150024.jpg

雲丹がたぷーーーーり
ウマイ甘い青森の雲丹はやっぱり最高~



110501_145834.jpg

これまた日によって違うお味噌汁。この日は小さな毛蟹。・・・まぁ、当たり外れがあります




つまみでチビチビ飲んだ後に握りを少々・・・というお寿司もいいですが

お土産の買い物ついでにぷらっと立ち寄れて(←ここ重要)

CP高いお寿司なら絶対ココです




すし処三國

青森市新町1-3-7Festival City アウガ B1F
017-773-4918
5:30~18:00くらい
不定休(アウガに準ずる)


VALEママ

Author:VALEママ
東京在住18年目

うまい飯、うまい酒、
パンクロックをこよなく愛す。

少しでも故郷青森に近い
23区内の端から離れられず。
全然東京に馴染めない。
しかし
2011年6月9日、ロックの日
東京生まれの「殿」と入籍。
東京で生きることを決意。

愛犬ヴァレは
2014年のクリスマスに
「虹の橋」へ。

天使になりました。

ただ今
ペットロス真っ最中。。。

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。